2035年02月28日

告知

この度メール相談に関する受講料を
2019/03/01より下記のように変更いたします。


べシックコース(受講期間 6ケ月) ¥198,000.−

アドバンスコース(受講期間 4ケ月)¥120,000.−
(アドバンスコースはベーシックコース修了者のみ受講可)

詳細についてのお問い合わせは
当ブログのタイトル下部の
お問い合わせメールよりご連絡ください。






にほんブログ村
posted by Primrose at 09:42| 千葉 ☀| Comment(0) | 躾・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

意識する





オババ元々は超朝方人間だった。

が、いすみに来てからというもの
体力が追い付かず
朝起きられなくなっていて
睡眠パターンが崩れまくってる。

ここから何とかしよう!

何とかしなくちゃ!


近隣の騒音?人間の我?に
疲れている部分も大きい。

やっぱ、ストレスを弾き返せるだけの
体力が無いのがよろしくない!

そうだ!

体力だ!
posted by Primrose at 00:00| 千葉 | Comment(0) | シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

既得権を守ろうとする医の世界

自分の体について調べたり
犬たちの健康を守るために調べたりしていると
西洋医学というのが対象療法でしかないのに
あたかも治療の方法としては其れしかないのだという風に思い込ませて
法律でそれ以外ができないような仕組みを確立している医療の世界。

他者に対して行う時は
相手を守るのに必要なのだろうけれど
自分ら大して行いたいときには
本当にその法律というのが
薬剤や機械、知識の習得の妨げになっていて
それがますますひどいことになる方へと進んでいる。

医は自分を回復させるための方法に制約を課し
自分の体を守ろうとするのを妨害し
医を生業とする者たちを潤すためにだけ存在しているかのような状況にある。

何も調べず
何も考えず
自分の体についても他者に何とかしてもらおうという人たちには
その方が良いのかもしれないが
自分の体は自分で守る!
自分の体は自分で治す!という者にとっては最悪な世界になっている。

人間の医師会も
獣医師会も
自分たちが得ている既得権を守ろうと必死だなって感じ。

でもそういう姿勢が
医は治療するものではなく
逆に病を作り出すものになってしまっている今
そんな体制がいつまでも続けていられるとは思えない。

馬鹿な連中だなと思うことが多くなった。

スマホが便利と言われていた時代から
スマホが依存症や事故の誘発
果ては呼吸以上迄語られるようになっていったのと同様に
医の世界もそのうち実態のひどさが取りざたされ
崩壊していくのだろうと思う。

先の医大入試の異常さが暴露されたのも
そうした崩壊の始まりなんじゃないかな?

抗がん剤ががん細胞を作り出しているとか
いろんなところで
医のゆがみが見られるようになったよね。

多剤耐性とかもそうだし
向精神薬の多剤投与の問題とかも随分語られるようになっているしね。

でももっともっと
自分の体は自分で守る
自分の体は自分で治すという
自己責任意識が世間に増していかないと
この流れはどこかでまた既得権を守ろうとする連中の締め付けに負けてしまって
停まってしまうことになる。

みんなもっといろんなことに興味をもって
世の中に蔓延している嘘偽りに敏感になってほしいよな〜って思う。

薬剤メーカーがスポンサーについているテレビなんか
無防備で視聴していたら
しらない間にやられちゃっていたりするんだぜ。

潜在意識が自分の現実を生み出すということをもっと意識した方がいい。



にほんブログ村

posted by Primrose at 07:37| 千葉 ☔| Comment(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

やっと人生が面白くなってきた

今まで経験してきたいろんなことが
一気に結びつき始めてきた感じで
やっと人生に面白みが出てきた気がするこの頃。

先日犬のしつけの相談にいらっしゃった方の親御さんであるご高齢の方に
あたま!あたま!と言われ
何を言われているのかわからないまま

頭に何かついているかな?と
その方の前に
あたま?と自分の頭を差し出すと

なぜか?突然

いい子いい子状態の頭撫でをいただいた。(*^^*)

子どものころから頭を撫でられるという経験がないオババには
それが心地よいという感覚はわからなかったのだけど
相手の方が自分に褒めを与えようとしてくださっているということが
お互いの関係の肯定であったり
好感を持ってくださっているということだったりするのだろうと思い
そこに関しての嬉しさがあった。

犬が飼主に頭を撫でられているときも
きっとこんな感じなのかもな〜。。。

そっかオババはあの方の犬だったかもね〜なんて苦笑いしちゃったりして。

それでも可愛いと思ってくださったということで
ヨシとすべきだなとか思ったりするが
いい子いい子してくださった方がうれしそうだったのは
もしかして犬を可愛いと思っている飼主の気持ちだったかも?(笑)

その方の娘さんは立身出世なさっていたりする方で
ご家族は厳格な方なのかと思ったりしていたが

どちらかというと
愛されて育ったから
自己肯定感が強いというのが出世の背景にあってなのかもしれないね。





にほんブログ村

posted by Primrose at 09:23| 千葉 ☀| Comment(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

❤バレンタインの愛が届きました❤

これまで里親募集していたランちゃんリンちゃんに
素敵な里親さんが決まり
二頭一緒に暮らせるご縁がつながりました。

そして彼らだけが救われたのではなく
彼らを通して飼主さんにとっても
これから良い事がたくさんもたらされるような
飼い主さんの窮地を救うご縁となったことが
オババ的にはとても嬉しく感じています。

やっぱり犬も猫も
飼い主が彼らに依存せず
お互いを尊重し敬愛する関係であるなら
犬とか猫とかの着ぐるみを着ているというだけで
彼らの中に居る魂という存在は
飼い主の危機を救うためにいつでもスタンバイしていて
その時が来たら
内なる魂の力をもって
人知の範疇を超えた働きをしてくれるのだなと確信した
今回の里親決定でありました。
(逆にね普段から犬や猫たちに依存し
彼らを動物として扱っている人たちには
着ぐるみ着た彼らの中に居る魂の存在が持つ
人知を超えた存在としての能力が潰されてしまい
ただ動物として人間にとってのお荷物としかならず
今回のような奇跡は起こらないのだと感じます。
また、イヌやネコを始めとして
他者依存しないと自らを戒めていらっしゃった方だからこそ
自らが持つ内なる力が発揮されて
今回のようなご縁をご自身が導きだしたのかな?とも思ったりします。)


みなさんこれまで彼らの里親募集を応援してくださり
ありがとうございました。




にほんブログ村
posted by Primrose at 07:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする