2016年12月05日

どうしろと!?

すごいよなぁ。。。外応。。。

『もう年だから。。。じゃなく、
この年なんだからまだやれる!って考えなさい!』

『「まだまだやれる!」って言いなさい』

『僕はあきらめませんから。。。』

『諦めるものですか。今までの人生が無駄だった。。。なんて思いたくないですから!』

って
昨日、いろんなところから
【あきらめるな!】というフレーズが飛んでくる。

はぁ、あきらめるな!つったって
このやっとこ生きている状態の体力で
これから何をしろと???

諦めきれなくているブリードは
馬鹿げた愛護法という「法律」によって規制がかかっているわけで
自分が望む犬を作りたいと思ったら
法律を侵す形になってしまうんですけど。。。

どなたか、あの馬鹿げた「親兄弟と一緒に長く過ごさせるのが正しい育成」という法律
まともな腕を持っている獣医など皆無の様なこの社会で
ブリーダーや訓練士に獣医を紐づけするおかしな法律を
変えてくれるっていうのでしょうか???

獣医のくだらないプライドや勉強不足によって
何頭殺され&何頭殺されかけたことか。。。

殺しておきながら手術代ン十万円の請求
(施術時間わずか一時間ほどで
こちらのサポートが無かったらチューブ一本入れられもしなかったくせに)とか。。。

こちらが望んだ形で進めてくれれば
手術代が活かせただろうに。。。って思うこと多々。

もうあんな戦いはうんざりだ!って思うんですけど。。。

それでもあきらめるな!って。。。あきらめきれないのを
諦めつけようと頑張っている自分には
かなりキツイっす!

いったいこのボロボロの体でどうしろと?って思った一日だった。。。苦笑

諦めるな!って背中を押す前に
まずは若さと健康、法改正と出直し資金を与えてください!って思うオババだった。笑


にほんブログ村
posted by Primrose at 05:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

ジェットのおでこが変っ!

今朝、ジェットのおでこ、
右側がたんこぶのようにまぁるく出っ張った状態で腫れていることに気づいた。

なんだこりゃ!??

昨日までは何もなかったのに。。。と思いを巡らせると。。。

ああ、そういえば、
何日か前、
外に出しておいたとき
繋留先でジェットがキャン!と一声悲鳴を上げたことがあった。

何事か?と
そのとき確認のためにジェットの元へ行ったものの
悲鳴の原因となるようなことはなく
何だったんだろう??便秘の切痔?とか思ったりした。

たまぁにそういうことがあったりするでしょ?

うんちが固くなって
出しにくくなっているときに
踏ん張り過ぎて。。。とかいうこと。

七つの子たちもいい加減年だから
そういうことが無いように
便の硬さを調整するように
水分や与える量なども管理しているけれど。。。ていうか年に関係なく
若犬たちも全員
便の状態は常に見ている。

でも秋など柿を与えたときなどは
後で硬くなったりすることがある。

ん〜、でも、今回それはなかったし、
色艶形状どれをとっても
便に問題はなかったよなぁ。。。と
悲鳴の原因は便ではないと思ったから
ジェットが座ろうとしたときに
竹の小枝が御尻に当たったとか
そんなところかな。。。と思っていたのだが
どうやら小枝が当たったのはおでこ?

でなければ
何かに刺されたんだと思う。

鼻を触ったところ熱っぽさが感じられたから
化膿しているんだな、おそらく。。。

結構激しく出っ張っているから
吸収されるまでにはかなり時間がかかりそう。。。

とりあえず手持ちの抗生剤を投与して様子見するしかないか。。。

熱は有りそうだけど
食べるものは食べているから
そう心配することはないのだろうし。。。

膿出しする勇気はないもんな、自分。


にほんブログ村
posted by Primrose at 10:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害の余波

今オババが嘘つき親父対策の避難先としてお世話になっている会社は
災害防止のための製品を製造している会社だ。

たぶん、東日本大震災が起きるまでは
そこそこ需要と供給のバランスが取れていたか
過剰供給だったのではないかと思うが
震災後需要が急速に伸びた都合で
人手が足りない状況が常態となっている。

そこで働く若者は
早出の連続に「お家に帰りたい」症候群になっている。

その会社にお世話になる前は考えもしなかったことだけど
ああ、ここは、「災害景気」で潤っているのだな。。。と
不謹慎ながら思ったりするのだった。

でも早出の連続に疲れ果てている若者は
これ以上続くとやめちゃったりするんじゃね?と思いながら
今の状況では製造が間に合わないからと
現状の1.5倍の製造が可能なように作業手順を変更してはどうかという話が
昨日の休憩時間に営業から出た。

どう考えても、それ、生身の人間が製造しているということを考えてないだろ!?と思うのだった。

ロボットの導入とかが出来る業態ではないし。。。


体力に問題があって
半日でも激ヤセしているオババ
一日働いて欲しいと何度か打診されているが
社畜化しないよう
どれだけ厚遇されようともアルバイトのままでいようと決意するのだった。

アブナイ、アブナイ。。。笑




にほんブログ村


posted by Primrose at 07:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする